So-net無料ブログ作成

Xbox 360で実験 仕様を知る! [ゲーム]

CPUはマイクロソフトとIBMが共同開発した対称型マルチコアプロセッサ PXを採用。
グラフィックチップはATIと乱交設計したカスタム仕様のGPU Xenosを搭載。
ストレージには着脱可能なハードディスクを搭載(「コアシステム」ではオプション扱い)。
ゲーム開発環境も逆援されており、アルファ版の動作環境はPowerPC 970FXを2つを
搭載したPowerMac G5にATI Radeon X850 XT(初期は9800 Pro)。
販売する地域のレイティング基準に応じた年齢制限機能を搭載。
起動できるゲームやXbox Liveの利用を保護者が制限できる。
ワイヤレスコントローラーを標準装備。追加コントローラーとしては無線版と有線版があり、
合計4台まで接続可能。有線版の接続端子は一般のUSBポート。
イーサネット接続端子を標準装備、ブロードバンド接続でXbox Liveに接続可能。

トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。